DIY 外壁塗装

DIYでの外壁塗装



DIYは流行っていて外壁の塗装についても自分でやろうとする方は増えています。

DIYは、「Do It Yourself」で自分でできることは自分でやるという趣旨です。外壁塗装を業者に依頼するとなるとそれなりの金額がかかりますが、DIYなら安上がりです。

外壁塗装は業者に頼むと人件費が大きくなりますが、それを自分でやるのでかなり安くなります。知識や技術も必要になりますが、それを調べたりしてやっていくのも醍醐味であるともいえますし、こういったことが好き方には良いかもしれません。

外壁塗装の流れは、塗料選び、外壁の水洗い、周囲に塗料が飛び散らないように養生、下塗り、中塗り、上塗り、養生剥がし、完成となります。

一連の工程を終わらせるにはだいたい3ヶ月くらいのスケジュールを組むといいといわれています。仕事で忙しい方は作業にかかる日数などが多くなってしまうなどのデメリットもありますので注意しましょう。 あまりDIYの時間がとれない場合には、業者に頼んだほうがいいかもしれません。

DIYでの外壁塗装の注意点


外壁塗装の場合は、いろいろと注意点があります。

まず、高所での作業による危険性です。外壁はある高さがありますので足場の設置が必要です。足場がしっかりと固定されていないと転倒や転落などの危険性があるので注意が必要です。足場が面倒くさいということで脚立やはしごで作業する方もいますが、安定しないので危険です。

足場については自分でやると危険であったり壁を傷つけてしまう可能性があるので専門家に依頼しましょう。足場が崩れると自分だけでなく、周囲にも危害が加わる恐れもありますので自分ではやらないほうがいいです。

肝心の外壁の塗装も素人ゆえに完成したときに見栄えがプロより劣ることが多いです。ムラがあったり、イメージしていた色と違ったりする場合もあります。また適切に塗っていなかったために数年で剥げてしまうこともあります。DIYは途中でやめるとなるとまた業者に頼んで二度手間になることもありますのでしっかりと考えてから始めることが大事です。

スケジュールも予定通りに行かずに大幅に遅れてしまうこともあるので早く外壁をキレイにしたい場合にはプロに依頼したほうがいいです。DIYの精神でいろいろなことに挑戦するのはいいですが、外壁塗装の場合は、安全性の問題もあるので慎重に検討したほうがいいです。

いろいろと検討してみて難しそうだと感じたら、プロの業者にお願いして外壁塗装をしてもらいましょう。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。