外壁塗装の見積もりをしてもらった場合にチェックすべきポイント

外壁塗装 見積もり



外壁塗装をするからにはなるべく安く品質がいい仕事をしてもらいたいですよね。お得に外壁塗装ができるかどうかは見積もりにかかっています。見積もりの際にチェックすべきポイントはいくつかあります。

・ケレンの費用が見積もりに含まれているか
見積もりをしたもらったら、下地調整がされてるか確認したほうがいいです。古い塗装を剥がしたり、サビを取る塗装の前段階の作業で、業界用語でケレンといいます。

外壁塗装をする上で大事な工程ですが、業者によってはこの作業をしない場合もあります。この作業をすると時間もかかりますし、人件費もかかるので利益重視の業者はこうした作業をとばしがちです。

作業を飛ばすことで塗装は早く終わりますが、この作業をしないと耐久性が全然違います。そのため絶対にやってもらわないといけません。見積もりしてもらったらこのケルンや下地処理の記載があるか確認しましょう。

・塗料のランク
外壁と屋根と雨戸の部分など塗る箇所によって塗料のランクに差があると耐久性が変わってきて、まばらで違和感のある見た目になってしまいます。耐用年数が全体的におなじになるようにしないと塗り替えが必要な時期が別々になり面倒なので同じランクかどうか確認しておきましょう。

・塗る回数
外壁塗装の基本は3回塗りと言われています。見積もりの3回塗ると記載されてるか確認が必要です。業者のなかにはコスト削減のために2回塗りしかしないところもあります。下塗り・中塗り・上塗りの記述があるか確認しましょう。

・塗装面積はあってるか
外壁の塗装面積を減らして見積もりをだす業者もあります。確認しないと割安と思わせて面積がいい加減で塗料を薄めて使ってしまう業者もいます。

・塗装箇所の確認
見積もりにない塗装箇所を塗装して後になって追加料金を請求される場合もあります。最初の見積もりで安いと思って契約したしたらどんどん追加の料金がかかって高くなってしまうケースもあります。希望の塗装箇所の料金が含まれているかよく確認しましょう。

外壁塗装の見積もりは1社では分かりにくいことも多いです。へんな業者にあたらないためにも複数の業者に見積もりを依頼しましょう。不明な点があればどんどん質問して、追加料金がかからないのかどうかも確認しましょう。

複数の業者同士でさせることで費用をかなりおさえることができます。ネットの見積もりサイトなどを利用すると簡単に複数の業者に見積もするり依頼できますのでこういったサイトを活用しましょう。
↓   ↓  ↓

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。