外壁塗装の色の選び方

外壁塗装色


外壁塗装の色について



外壁塗装をする場合に大事になるのが色です。色選びに失敗してしまうと仕上がりに違和感があったり、やらなければよかったと後悔してしまうこともあります。

外壁塗装をする場合、色見本帳をサンプルを参考にして色を選ぶことになりますが、このサンプルで選ぶと実際に仕上がりとちょっと違った感じに見えます。

これは面積効果という目の錯覚による影響です。色は外壁のように大きく塗られることで色のメイドが薄く明るく見えます。鮮やかさはより鮮やかに見えます。また、色相もより色合いが強調されて見えます。

外壁塗装の色を選ぶ際にはこうした面積効果の影響も考慮して少し濃い目の色を選んでおくと出来上がったときに違和感が少ない印象になります。また、サンプルを室内でみると光源で色が実物と違って見えるので、太陽光の下でサンプルを確認したほうが実際と近い色を確認できます。

外壁塗装の色選びに失敗しないために


色を選ぶ際にあまり考えずに自分が好きな色を選ぶと失敗しやすいです。色は周囲との調和も大事になり、好きな色だけで選ぶと周囲から浮いたりして、景観を壊す雰囲気になってしまうケースもあります。

近所を回ってみてどんな外壁の色が多いかなどを確認して決めると、地域に溶け込める色の目星がつけやすく、周囲から浮いた色にしてしまう失敗避けることができます。

色によっては傷や汚れが目立ちやすいものがあります。黒や白は汚れが目立ちやすいのでなるべく避けたほうがいいです。黒すぎると重圧感を感じることもあるので注意が必要です。また、原色系の濃い色も経年劣化で色が薄くなると思ったのと違う色になりやすいので注意が必要です。

外壁塗装の業者に相談して、どういった色がいいのかのアドバイスを受けると失敗も少なく、地域になじんだ色を選べるはずです。



コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。